手sou UranaiGuide

手相占い 感情線

感情線とは?

感情線とは、小指の下の方から、人差し指、中指に向かい伸びている線の事をいいます。感情線では異性や家族などの愛情の強さ・あらわし方、感受性などを見ることが出来ます。感情線がどこに向かっているか、長短かまっすぐか曲がっているかなどが鑑定のポイントとなります。

一般的な感情線の特徴

感情線の長さ

感情線が長いほど長ければ執着心が強いとされ、短かければ淡泊な性格を示しているとされています。

感情線の方向

感情線の先が上向きな人は温情型とされ下向きだと冷静型を示しているとされています。

感情線の形

感情線に乱れがある人は表現が豊かで、一本調子で表情などに乏しい性格だとされています。

感情線の支線

感情線からの短い多くの支線は、浮気や好色気味な性格を表しています。また、感情線が歪んでいて曲がった上向きの支線だと、不倫や悲恋を表すと言われています。

感情線の意味

感情線の終点が中指の下を超え、人差し指まで伸びている人の場合

相手に尽くす気持ちの強い愛情に溢れた感情線だとされています。また、家庭を持つと、家族をとても大切にする人だとされています。注意しなければいけないことは、たとえ相手がどんな性格の人であっても、尽くそうという思いが先になるため、異性に振り回されやすいとさてれています。

感情線の終点が人差し指真ん中よりも長い人の場合

感情線が長いと言う人は、愛情のエネルギーを運ぶのが長いとされていて、愛情は濃くなるとされています。でも、愛情が濃すぎると言うことは、場合によっては良い悪いがあるので注意しましょうね。

感情線が長ければ長いほど相手のことを把握や管理をしていたいという気持ちになってしまいます。独占欲や、嫉妬心が強い人だとされています。

感情線の終点が人差し指まで届いていない人の場合

短い場合の感情線の人の場合は、そっけいのない感じの愛情表現とされ、これは、女性よりも男性に多いとされています。決して冷たいわけではないのですが、複雑な愛情の受け渡しをするには、とてもアンテナが短すぎるとされています。これには、相手を自分のものにしたいッ!!ということには最も遠い人だとされています。

【注意事項】

上記で記載している手相の見方はあくまで一般的な手相の意味として掲載しています。全ての信憑性や信頼性を有するものではありません。

Favorite

Last update:2014/12/4